実家脳

想起

「ほしのこえ」 大場惑  

f:id:mangaeigashousetsu:20151121091739j:plain






『一五歳のミカコだよ。ね、わたしいまでも、ノボルくんのこと、すごくすごく好きだよ。』


新海誠が原作のアニメを小説にしたやつ。


15歳のミカコにしてはそぐわないような言葉を使ってしまっていて、ん?と思う。主観年齢とか。

ミカコが徴用されているのを言うシーンは最終兵器彼女に似てるなーと思う。いい意味で。

再開したときに、もっとカタルシスがあるかと思ったら、めちゃくちゃあっさりした終わり方だった。

もっと克明に描けばいいのに。

遠距離恋愛
時を超えて好きでいるということ。

新海誠の後書きがかなりいい。
声を届ける。

声を届ける立場に。

誠実さに胸を打たれる。

友達からも親からも聞くことができない大切な声。

今よりも強く、深く、手に触れられそうな、憧れや不安