実家脳

想起

きれぎれ  町田康    

f:id:mangaeigashousetsu:20151213163150j:plain






芥川賞をとったらしいけど、町田康の最高傑作はやはり「告白」で、それと違って現代の物語を書いたらテイストがほぼ同じになってしまうんだと思った。

「きれぎれ」も、もう一編収録の「人生の聖」も、面白いところはあるけど、それを帳消しにするくらい読みにくい。特に後者はひどくて後半は拾い読みみたいになった。

「愚劣ランチ」「栄養の眼」「難解な飯」などの面白い言葉はあるんだけれど