実家脳

想起

「世界の終わり、あるいは始まり」  歌野昌午      

f:id:mangaeigashousetsu:20151201230143j:plain

 

 

 

息子よ、お前なのか。

 

「葉桜の季節に君を想うということ」を以前読んだときから、この作者はすごい人だと思っていたが、この作品でそうした思いはさらに強まった。

 

非常に実験的だ。何にせよ、実験的なものは評価したい。

パラノイアじみた父親の思考の物語。

ここまで緻密に妄想できたら、もはや現実を生きる意味はあまりないのかもしれないね。

世界の終わりを、父親は何度も体験する。妄想の中で。

そして妄想で得られた凄惨さを回避するために、妄想からフィードバックしてまた妄想をする。

タイムリープものに本質が似ている気がする。フィードバックして強くなる。

 

最後まで、事態は動いていない。動いているのは父親の頭の中だけである。

エロゲー的リアリズムというか、バッドエンドの妄想が複数あって、それが緻密なのだ。

 

父親は妄想から帰ってこれなくなるかと想った。

けれど、最後には現実と言う世界の始まりに戻ってこれた。

妄想という世界の終わりから、現実という世界の始まりに行き着くまでの物語なのだ。

いい。